鼠径ヘルニア(脱腸)の手術、両側同時に行うことはできますか?

鼠径ヘルニア(脱腸)の手術、両側同時に行うことはできますか?
2024年2月29日
新橋DAYクリニック医師達が、気になる質問に簡潔にお答えします
Answer

可能です。腹腔鏡で必ず両側の鼠径ヘルニアを確認し、同時手術できます。

手術前に診断がついている両側の鼠径ヘルニア(脱腸)の場合、1回の手術で左右同時に日帰りで治療が可能です。腹腔鏡手術の場合、傷が大きくなったり、傷の数が増える事はありません。診療報酬(治療費)も同額となります(診療材料分は加算されます)。
左右片側の鼠径ヘルニアの診断でも、手術の際は必ず対側の鼠径ヘルニアの有無を確認します。対側に鼠径ヘルニアを認めた場合、事前に希望があればふくらみ等の症状がなくても同時に手術を行うことが可能です。

当院で採用している腹腔鏡手術法(TAPP法)は、両側手術にとても適した手術法と言えます。片側づつ手術を2回する必要はありません。なお、ヘルニアの状態にもよりますが、手術時間は両側の場合約1時間程度となります(片側の場合約30分程度)。そのため当院の滞在時間や術後の経過が両側手術となっても大きく変わることはありません。

新橋DAYクリニックなら鼠径ヘルニアは日帰りで治療可能です。翌日からお仕事に復帰できるので、遠方からも多くの患者さまがご来院します。

この記事の制作者

JR新橋駅・徒歩1分
新橋DAYクリニックは
そけいヘルニア(脱腸)の
「日帰り手術」を行っています
手術から
帰宅まで
時間
JR新橋駅
徒歩
術者執刀
症例数
1000
件以上
腹腔鏡手術
痛みが少なく、傷が小さい手術
全身麻酔
眠っている間に終わる手術
伝達麻酔
術後約9時間持続するブロック注射
「脱腸」について詳しく知る
「手術」について詳しく知る

こちらの記事もご覧ください

雨に濡れずにご来院する方法

早々に梅雨が明け、東京都心は連…