コロナワクチン接種後の鼠径ヘルニア(脱腸)手術待機期間について

コロナワクチン接種後の鼠径ヘルニア(脱腸)手術待機期間について
コロナワクチン接種接種後の鼠径ヘルニア手術待期期間について
2023年9月27日: 記事最終更新日

日本麻酔科学会は2022年にコロナワクチン接種後の手術までの待期期間に関する提言を行っています。それによると、ワクチンにより十分な免疫を得るためには、鼠径ヘルニア(脱腸)のような待機手術は接種後2週間(14日)の期間をおくよう推奨されています。根拠として、一般的なワクチン(肺炎球菌ワクチンなど)の十分な抗体産生に要する期間(接種後1~2週間)を参考にしているようです。

一方、同じ提言で、発熱などの症状が軽減していることが前提ですが、接種後3日目(48 時間経過後)には手術の実施自体は可能としています。ただし、当院の場合は、接種後2週間以内の手術では抗体産生が減少する可能性があることをご了承いただいております。

なるべくなら、2週間の待期期間を設けて手術日を設定するようにしましょう。なお、この期間でも診察や術前検査は問題ありません。また、当院でワクチン接種も行っていますので、受診時に手術日を決定した上で、その場でワクチン接種を行うこともできます。

著者・文責: 岡村正之 新橋DAYクリニック院長 日本専門医機構認定麻酔科専門医

コロナワクチン接種接種後の鼠径ヘルニア手術待期期間について

鼠径ヘルニア・ブログ記事

鼠径ヘルニア日帰り手術
鼠径ヘルニア(脱腸)とは
鼠径ヘルニア・診察予約
ペインクリニック・一般診療
For Patients From Outside Japan

こちらの記事もご覧ください

雨に濡れずにご来院する方法

早々に梅雨が明け、東京都心は連…

新橋DAYクリニック周辺地図
JR新橋駅 日比谷口 徒歩1分
東京メトロ銀座線 新橋駅 徒歩0分
都営三田線 内幸町駅 徒歩2分
本日の診療時間:11:00-20:00
診療時間
火・木・土曜日: 9:00~18:00
水・金曜日: 9:00~20:00
休診日:日・月・年末年始【完全予約制】
診察のご予約は休診日でも承っております。
ご予約・お問い合わせ専用ダイヤル
新橋DAYクリニック代表
FAX番号
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1丁目15−7
新橋NFビル 6階
診療科目
麻酔科・外科・内科
診療内容
鼠径ヘルニア日帰り手術(腹腔鏡)
ペインクリニック・肩こり外来
一般内科外来
渡航者ビジネスPCR検査
コロナワクチン・各種ワクチン接種
健康診断
本日の診療時間:11:00-20:00
診療時間
火・木・土曜日: 9:00~18:00
水・金曜日: 9:00~20:00
休診日:日・月・年末年始【完全予約制】
診察のご予約は休診日でも承っております。
ご予約・お問い合わせ専用ダイヤル
新橋DAYクリニック代表
FAX番号
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1丁目15−7
新橋NFビル 6階
診療科目
麻酔科・外科・内科
診療内容
鼠径ヘルニア日帰り手術(腹腔鏡)
ペインクリニック・肩こり外来
一般内科外来
渡航者ビジネスPCR検査
コロナワクチン・各種ワクチン接種
健康診断
新橋DAYクリニック周辺地図
JR新橋駅 日比谷口 徒歩1分
東京メトロ銀座線 新橋駅 徒歩0分
都営三田線 内幸町駅 徒歩2分

資料請求フォーム

そけいヘルニア日帰り手術
日帰り手術に関する資料をご希望の方皆様にお送りします。
お気軽にお申込み下さい。
1営業日以内に発送いたします。

【個人情報のお取り扱いについて】
ご登録いただいた個人情報は、資料・ご案内の発送、患者さまとの連絡などの目的で利用させていただきます。 詳しくは プライバシーポリシー をご覧ください。