鼠径ヘルニア(脱腸)の痛みってどのようなものですか?

鼠径ヘルニア(脱腸)の痛みってどのようなものですか?
2024年2月29日
新橋DAYクリニック医師達が、気になる質問に簡潔にお答えします
Answer

下腹部に感じる、ひきつるような、さしこむような痛みとよく表現されます。

初期であれば、下腹部に感じるひきつるような、差し込むような軽い痛みです。
症状が軽い時は違和感だけで痛みを感じない事も多いですが、進行とともに痛みを感じるようになります。痛みは鼠径ヘルニア(脱腸)の膨らみの部分に腸が嵌まり込むことにより生じます。

歩くこともできないほど激烈な痛みが出て、鼠径ヘルニア(脱腸)の部分が急激に硬くなり、手で押し込もうとしても戻らなくなった時は要注意です。
嵌頓(かんとん)といって嵌まり込んだ腸が抜けなくなり、血流障害を起こして危険な状態である可能性があります。

痛みがなくても放置しないほうが良い鼠径ヘルニア(脱腸)ですが、痛みが出てきたら早めの医療機関の受診をご検討下さい。

なお、嵌頓してしまうと緊急手術となり、日帰り手術では対応できません。

新橋DAYクリニックなら鼠径ヘルニアは日帰りで治療可能です。翌日からお仕事に復帰できるので、遠方からも多くの患者さまがご来院します。

この記事の制作者

JR新橋駅・徒歩1分
新橋DAYクリニックは
そけいヘルニア(脱腸)の
「日帰り手術」を行っています
手術から
帰宅まで
時間
JR新橋駅
徒歩
術者執刀
症例数
1000
件以上
腹腔鏡手術
痛みが少なく、傷が小さい手術
全身麻酔
眠っている間に終わる手術
伝達麻酔
術後約9時間持続するブロック注射
「脱腸」について詳しく知る
「手術」について詳しく知る

こちらの記事もご覧ください

雨に濡れずにご来院する方法

早々に梅雨が明け、東京都心は連…