遠方(海外・離島も含む)にお住まいの患者様へ

遠方(海外・離島も含む)にお住まいの患者様へ
2024年2月28日: 記事最終更新日

個別に対応させていただきます

当院は東京新橋の駅前という場所柄、遠方から飛行機、新幹線、船でお越しになる患者さまや、海外にて駐在の方が多くご受診されます。
日帰り手術ではありますが、手術をお受けになる患者さまのお住まいの地域は特に制限しておりません。 治療に際して特別な配慮が必要な方につきましては、個別に対応させて頂きますので、お気軽にお電話、もしくはメールにてお問い合わせ下さい。

具体的な対応の一例

具体的な対応として、一例として以下の事を行っております。

・初診から手術までの待機期間の短縮

 例)オーストラリアにて駐在の方。現地医療機関にて鼠径ヘルニアの診断を受けている。この度休暇がとれて一時帰国中に手術を検討しているが、帰国期間が長くとれないとの相談。

 帰国に合わせて初診日を設定。その翌日に手術日を設定し対応した。

・オンライン診療(遠隔医療)を併用し、ご来院の回数を減らす

 例)伊豆諸島の某離島にお住いの方。かねてから手術を検討していたが、船が週1のためなかなか受診の機会が得られないとのことで相談。

 初診をオンライン診療にて行う。その際に手術日の決定と宿泊の手配を行い対応した。

・ご自宅近くの現地医療機関との連携

 例)山陰地方にお住まいの方。現地医療機関で鼠径ヘルニアと診断を受けたが、現地に日帰り手術を実施している医療機関がなく、日帰り手術希望で当院に相談。

 現地医療機関と紹介状を通して連携。現地にてCT検査や血液検査を受けていたため、当院にて施行予定の検査を省略した。

昨年一年で海外にお住いの方だけで10名を越える方が手術をお受けになっております。 モバイル端末のテクノロジーの進化と、新型コロナによる行動制限の緩和により、遠方にお住いの方でもお気軽に鼠径ヘルニアの腹腔鏡による日帰り手術をお受けいただく事ができるようになりました。 遠方の方でも手術内容(腹腔鏡にてメッシュを挿入する手術)に変更はありません。

その他ご配慮が必要な場合でも、個別にご対応いたしますので、お気軽にご相談下さい。

新橋DAYクリニックなら鼠径ヘルニアは日帰り手術で治療可能です。翌日からお仕事に復帰できるので、遠方からも多くの患者さまがご来院します。オンライン診療も行っております。気になる症状は、まずはお気軽にご相談ください。

この記事の制作者

JR新橋駅・徒歩1分

新橋DAYクリニックは

そけいヘルニア(脱腸)の

「日帰り手術」を行っています

手術から
帰宅まで
時間
JR新橋駅
徒歩
術者執刀
症例数
1000
件以上
腹腔鏡手術
痛みが少なく、傷が小さい手術
全身麻酔
眠っている間に終わる手術
伝達麻酔
術後約9時間持続するブロック注射
「脱腸」について詳しく知る
「手術」について詳しく知る

こちらの記事もご覧ください

雨に濡れずにご来院する方法

早々に梅雨が明け、東京都心は連…