そけいヘルニア

鼠径ヘルニアの手術後、運動やリハビリはどうする?専門医が解説

新橋DAYクリニック院長の岡村です。
鼠径(そけい)ヘルニアは、多くの場合に日帰り手術で対応できます。入院のためにわざわざ長く仕事を休む必要はありません。
とは言え、患者様から手術後の生活を心配する声もよくお聞きします。
「手術後の体調が心配。リハビリは必要?」
「ゴルフ、ジョギングはいつからできるの?」
「痛みが続いたり、再発したりする可能性は?」
手術前に、主治医や看護師に細かく相談していただいても、もちろん大丈夫です。その前に、手術後の運動、痛みなどよくあるご質問にも回答しますので、参考にしてください。

鼠径ヘルニアの手術は日帰りできる

鼠径ヘルニアの多くは、日帰り手術で根治できます。入院する場合は、時間もお金も多くかかります。傷が小さく、その日のうちに自宅に帰れる日帰り手術なら、日常生活への復帰も早まります。

鼠径ヘルニアの手術後の運動再開について

手術後に痛みを感じない場合は、翌日から散歩など軽い運動をしても問題ありません。ただし「激しい運動」の再開は控えてください。

激しい運動は術後2週間ひかえる

激しい運動(お腹に力が入る運動)は2週間程度控えてください。再発予防に使用しているメッシュが体内で固定されるのに2週間程度かかるため、それ以前に激しい運動や重いものを持ったりすると再発リスクが上がります。2週間以上経過したら、制限なく激しいスポーツも行えます。性行為も同様に2週間程度控えてください。

手術後、2~3週間でオンラインの診察を受ける

手術後の経過観察は大切です。当院でも、手術当日の夜に患者様へお電話を差し上げて「出血はありませんか?」「痛みは感じますか?」などの確認を行います。経過を見ていいものか、心配すべき症状か、患者様にあわせて一つずつお答えします。2週間から3週間程度で術後診察を受けていただきます。ただ、お仕事などお忙しい方も多いため、当院ではオンラインでの診察を推奨しております。ご予約の際にご希望をお聞かせください。

シャワーや飲酒は問題なし

シャワーは手術当日も使用可能です。防水の医療用ボンドで傷口を覆っていますので、せっけんで洗っても問題ありません。入浴は術後翌日から可能です。アルコールは手術当日は控えてください。飲酒と入浴で血行がよくなるため、痛みや内出血が起こりやすくなるためです。

鼠経ヘルニアの手術後によくあるQ&A

鼠径ヘルニアの日帰り手術では、患者様のからだにかかる負担を減らすよう最大限努力しています。手術後に不安をお持ちの方もいますので、よくある質問をまとめました。手術後の痛みや再発の可能性などについて、参考にしてください。

術後の痛みと抜糸について聞きたい

手術後の痛みには個人差があります。ほぼ何も問題なく出勤される人、痛みや突っ張った感じに戸惑う人もいます。デスクワークや家事は翌日から問題なくできるケースが多いです。痛み止めを多く使用されるケースでも、3日ほどでほとんど痛みはおさまりますが、平均的に見ると若い男性が痛みに敏感な傾向にあるようです。また抜糸や消毒は、不要です。体内で溶ける糸と特殊な接着剤を使用するため、手術当日はシャワーで、翌日からは入浴も問題ありません。

再発の可能性はありますか?

鼠径ヘルニアの手術後、同じ部位に再発する確率は近年かなり下がっています。筋膜を縫い合わせる方法で10%、当院でも採用しているメッシュで補強する手術方法では1%以下の再発率と言われています。再発の場合は、術後1~2年後が多いと報告されています。一度、鼠径ヘルニアになると、10%以上の方が反対側の足にも鼠径ヘルニアが出ます。これは再発ではありません。

からだを鍛えれば再発を予防できますか?

腹筋などの筋トレをさかんに行う人がいますが、再発防止の効果はありません。お腹に力を入れると鼠径ヘルニアが起こりやすいため、日常生活では、重いものを持つ回数を減らす、立ちっぱなしの作業を少なくするなどは有効です。また太り気味の方は体重を減らすのもよいでしょう。便秘症、前立腺肥大、咳なども、お腹に負担がかかるので、ヘルニアの原因と言われます。

手術後にしこりができるって本当ですか?

手術後2週間程度で、鼠径ヘルニアがあった箇所にしこりができる場合があります。原因は、ヘルニアがあった空間に体液が溜まるため。しこりやこぶになった状態を漿液腫(しょうえきしゅ)と呼びます。膨らみを見て「鼠径ヘルニアが治っていない」と勘違いされる方もいますが、1カ月程度で 自然に吸収されて消えるケースがほとんどです。ご来院いただければ、ヘルニアの再発かどうか診断できますので、お手数ですが診察の予約をお願いいたします。

早めの検査と治療、新橋DAYクリニックにご相談ください

新橋DAYクリニックは、日帰り手術を専門に行っています。鼠径ヘルニアの手術実績の多い外科医、麻酔科医が手術を担当し、できるだけ患者様に負担の少ない医療をご提供します。気になる症状があれば、お早めにご相談ください。

執筆:岡村正之(新橋DAYクリニック院長・麻酔科医師 日本専門医機構認定麻酔科専門医)
記事監修:黒崎哲也(新橋DAYクリニック外科医師 日本外科学会認定外科専門医・指導医 日本内視鏡外科学会技術認定医 板橋中央総合病院・腹腔鏡手術センター センター長)
鈴木淳一(新橋DAYクリニック外科医師 板橋中央総合病院外科)
新居高(新橋DAYクリニック外科医師 板橋中央総合病院外科)
鈴木淳平(新橋DAYクリニック外科医師 板橋中央総合病院外科)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP

資料請求フォーム

そけいヘルニア日帰り手術
日帰り手術に関する資料をご希望の方皆様にお送りします。
お気軽にお申込み下さい。
1営業日以内にレターパックにて発送いたします。
Newsweekで紹介されました 

当院の鼠径ヘルニア日帰り手術ついて、メリットなど紹介されました。